スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[EVE] Asset情報取得の続き

2009年02月24日 23:42

最近は会社から帰ってもプログラムしている今日この頃
というわけで前回の続きです

モジュールを搭載している船やコンテナの横に、
違いが判るようにグレーで印を付けてみました。
(クリックすると拡大します)
AssetItem01r.jpg
で、船をダブルクリックするとこんな感じでフィッティングを表示します。
アイコン表示しつつ、カーソルを当てると名称がポップアップされる感じです。
AssetItem02r.jpg
で、コンテナをダブルクリックしたらこんな感じ。
AssetItem03r.jpg
ちょっとアイコンがぼやけた感じになっているのが気になりますが、
Asset情報を表示するための基本的な機能の確認としてはこんなもんでしょうか。
細かいところでは、
コンテナ内にスタックされたアイテムの個数が今のままだと判らないとかありますが、
情報自体は持ってるんであとはどう見せるかですね。

WPFはFlash(Flex)なんかと同様、見た目をかなりカスタマイズできるんで
今後はそこらへんを勉強がてらいじってみることにします。
スポンサーサイト

プロにアイコンを発注してみました

2009年02月23日 22:47

何事も形から入るワタクシですが、
Windowsアプリ作るなら格好いいアイコン欲しいよなぁと思いつつ
でも題材が EVE Online のお財布管理なわけですから
ネットに転がってるフリーのアイコンがうまく合うわけもなく
ましてや自作するセンスなんか無いわけで、
そんなこんなで肝心のアプリ作成を差し置いてアイコンの事を考えていましたw

で、ある日ネットを彷徨っていたら
個人からのデザイン発注も受けてくれるところを発見
キャラクトイさんってところなんですが、
値段も思いのほか手頃(…いや相場知りませんけども)のような気がして
物は試しということでプロにアイコンを発注してみたのです。

そして、こちらのめっちゃ漠然としたイメージをプロが形にしてくれたのがこちら。
一つ目は判りやすいイメージと言うことで惑星とお金
アプリ用のアイコンとなると、タスクバーなどにも表示されるわけで
16x16pixelのサイズでも判りやすいデザインが良いかなと思い、こんな形に。
あ、WMATってのは作るアプリの頭文字ですw
WMATアイコン
そして二つ目はデザイナーの方から提案していただいた
未来のお財布なコンセプト
そこに EVE らしさも加えようと、
液晶風なディスプレイに(Zetlandの祖国)カルダリロゴをあしらってみましたw
カルダリ商人のお財布ってイメージでWMATアイコン
ここには縮小して表示してますが、納品されたデータは1200x1200pixelで
素晴らしいクオリティに感動しましたよ

・・・で、お次は肝心のアプリの方を仕上げないとですねw

[EVE] Asset情報を取得してみる

2009年02月22日 19:04

EVE API で Asset 情報を取得出来るのは知っていましたが、
コンテナの中身や船のFit内容まで取得出来るとはつい最近まで知りませんでした。
ゲーム内では出来ないのにねー。

船のFitも取れるということは、EFT用の設定ファイル自動出力とかも作れちゃう?
とか色々考えてて、勢いでまた新たなアプリ作成へw

ゲーム内の Asset 画面だと、所在地毎にアイテムを展開したり閉じたり出来るわけですが
それを .NET の Windowsフォームで表現するのは厳しいなぁでも表現したいなぁと考え、
まだ手を付けてなかった WPF でのアプリ作成に挑戦中です。
(WPFって何ソレ?な方は、Microsoftが開発した機能でそんなもんがある程度に聞き流して下さいw)

とりあえず EVE API 経由で Asset XML を取得。
DBにぶち込んでごにょごにょ加工し、こんな感じで画面出力してみました。
まずは展開前の状態。
(クリックすると拡大します)
AssetWindow01.png
で、一部を展開してみた結果がこちら。
AssetWindow02.png
一応、アイテムやステーションに応じたアイコン/画像を出力するようにしてます。
と、今はここまで。
この後は、コンテナや船の中身を見る部分の作り込みです。
WPF は Windows アプリでもかなり自由に画面を作れるんでいじりがいがありますね。

[EVE] Orca就航

2009年02月21日 14:05

ここ1年くらい掘りから遠ざかっていたんで
久しぶりに復帰してみようかなということで
Alt に Orca のスキルを取らせてみました。
Orca1.jpgOrca2.jpgOrca3.jpg
そして、
Mining Foreman Mindlink を Slot 10 に刺して
Mining Foreman Link - Mining Laser Field Enhancement
Mining Foreman Link - Laser Optimization を装備。
ついでに貯めてたサルベージ品でカーゴ拡張も済ませて完了です。
これで、EFT によると掘りは 1466 → 2188 へ、Strip Miner の射程は 23km へ。
Zetland の方には掘りUP系のインプラはいっさい刺してないからこれぐらいですけど、
専門の堀師だともっと凄いことになりそう。
現時点でのカーゴ容量も 81,588m3 あるし、こりゃいいですね。

というわけで暫くは、まったり掘り生活してみよーかと思います。
でもって船の生産販売もまた復活させるかなぁ。

Picasa Web Albums Data API使ってみた

2009年02月04日 23:50

Picasa Web Albums Data APIを試しに使ってみたら簡単すぎでわろたw
Developer's Guide: .NET
ここらへんの資料見ながら作ったんですが
アルバム情報とか簡単に取れるしいやぁ便利っすわ

picasa.jpgこんな感じで EVE Online の WalletJournal アプリに組み込む
アップロード先アルバム選択画面も簡単に出来ました。

で、肝心の画像のアップロードなんですが
「基礎になる接続が閉じられました: 接続が予期せずに閉じられました」
とかエラーが出てアップロードできず。。。
おかしな事やってないのになぁとネットで調べたらこんな記事を発見。
Google-GData .net Library が buggy?
なんかライブラリのバグのようですね。。
ただ、ありがたいことに回避策も提示されていたので無事アップロードも出来ました。

[EVE] WalletJournal集計プログラム作成途中経過

2009年02月02日 23:08

というわけで前回の記事のようなアプリをぼちぼちと作成しているわけですが
既に出来ているグラフ作成以外では
EVE API Keyの登録管理や、WalletJournalのインポート/エクスポートなど
主要なところはひとまず完了

ただ、Wallet Journal 取得には Full Access 権限の API Key が必要なので、
仮にアプリ公開してもここが高いハードルになるかもなぁと。
作者のAitealeeso(ゲーム内ではZetlandですが)って誰?信用出来るの?みたいな。
EVE MEEPなんかも同様の制限とはいえ、向こうはオープンソースだし信用度が違いますがねw
このブログのプロフィール欄に貼り付けてる自作のブログパーツもどき?なんかは
Limited 権限のみですが、それでも気になる人は気になるだろーし。
なーんてつらつら考えましたが、まぁ、今回のは完全自分用アプリなんで気にしないw

そして今後の実装ですが
今はグラフがCorp用ばかりなんで自分の懐具合の推移とか収支の内訳的なグラフも追加中です

あと、もひとつ考えている事があってですね。
このアプリで作った画像をいつも Google の Picasa ウェブアルバムにアップして
CORPメンバに公開してるわけなんですが、地味に面倒くさいなとw
いや大した作業じゃないんですけどね。
んで、この作業を自動化できないもんかと調べてみたら、
Picasa Web Albums Data API
こんなんが公開されてるんですねぇ。
勉強不足で知りませんでした。
.NET 用ライブラリもあるようで、こりゃ自動化できそうな雰囲気です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。