スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テルモピュライの戦い

2007年06月03日 10:38

紀元前480年のテルモピュライの戦いを題材にした映画
『300(スリーハンドレッド)』の先行ロードショウを観てきました。

実際にギリシアのテルモピュライであった
ギリシア連合軍とアケメネス朝ペルシアの遠征軍との戦いを描いた映画です。
映画ではスパルタ軍300対ペルシア軍100万という強烈な対比ですが、
実際にはギリシア連合軍が5200人、ペルシア軍が21万人。
まぁ、現実も十分強烈な多勢に無勢の戦力差ですね。
なので実際に撤退せずに最後まで戦ったのはスパルタ軍300を含めたごく一部だったようなので、その士気の高さはもの凄いですね。
ペルシア軍の戦死者は2万人以上だったそうです。

映画にも出てくるペルシア軍の不死部隊は実在するようで。
とは言っても、実際に不死であるわけではもちろんなく
ペルシア軍の精鋭部隊を歴史家ヘロドトスがそう呼んだのが起源なんだそうです。

あと、映画で描かれている(テルモピュライの)1年後の戦いは、
プラタイアの戦い
こちらはギリシア連合軍の圧勝だったようですね


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tram.blog48.fc2.com/tb.php/147-68d1c8a6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。