スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにLotROの話題?

2007年10月21日 00:56

LotROをプレイしつつも全然blogに書いてなかったんで
久しぶりにLotROの話題を
・・・と言いつつもゲームプレイとは関係無しな話題ですが。

3DCGやりたい病?がなかなか治まらない今日この頃
以前見たハイレベルなアマチュアムービー「HALOID」を
もっかい見直してみたんですよ。(まだ見てない人は必見デスヨ)
で、スタッフロールにムービー作成に使用されたソフトのリストが載ってたんですね。
そこに、3D Ripper DX なる聞き慣れない名前のソフトが。
なんだろなーとググってみてサイトを見つけたんですが、
DirectX 9 を使用しているゲームなどから3Dのモデリングデータや
テクスチャをキャプチャするというか引っこ抜くツールのようです。
恐らく HALOID に出てくるHALOなどのデータはこいつで引っこ抜いたって事かな。

ちなみに引っこ抜いたデータの形式は 3DS MAX 用。持ってないですけどね。
でも Wavefront .OBJ 形式でも吐けるらしく、
これなら Blender や Vue でも取り込めます。
というわけで、やっっと LotRO の話題になるわけですが、
3D Ripper DX から LotRO クライアントを起動し、
何シーンかキャプチャしてみました。
で、ワクワクしながら Blender にインポートしてみたらオブジェクトが真っ黒。
どうもテクスチャが全く反映されてないみたい。
で、キャプチャしたテクスチャのファイルを見ると拡張子が .dds
どうも DirectX の画像形式のようです。
この形式に Blender 側が対応してないのかな?と思い、
bmp に変換してオブジェクト一個一個にUVを再定義してみました。
するとやっとテクスチャが反映された状態で見れるようになりました!
Blender画面

ローポリで作られてるからレンダリングも早いし、
またグルッと回る動画を作ってみました。
あ、無駄に音が入ってるので注意です。
↓キャラ選択画面で、お立ち台に立ってるドワーフ Aitealeeso 現在の姿


コメント

  1. てぃる | URL | nLnvUwLc

    ほー
    面白そうなソフトですなー
    うちも以前は3DCGやりたい奴でMACまで手を出したんですが…(挫折
    うーん またちとやってみたくなってきた(笑

    でこれはキャラ選択画面??

  2. Aitealeeso | URL | qbIq4rIg

    >てぃるさん
    そそ、キャラ選択画面です。
    何シーンかキャプチャしたんだけど、
    これが一番まともに取れたんで使ってみましたヨ。
    キャプチャ自体は拍子抜けするほど簡単なんでお試しアレ

    ただ、いくつかキャプチャしてたら
    いきなし画面が真っ白になったりもしましたが(汗

  3. Lin | URL | mb395ffs

    実験成功おめでとー♪
    なんか痩せてる気がするのは、アスペクト比の関係かな…

  4. Aitealeeso | URL | qbIq4rIg

    >Linさん
    やっぱりそう思う?
    あくまでも画面内シーンのキャプチャだからか、
    どうもモデル本来の姿じゃなくて、
    画面に映ったままで引っこ抜かれるような気がするですよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tram.blog48.fc2.com/tb.php/207-07b3cc64
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。