スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[EVE] New Frontiers

2008年01月07日 03:25

Trinity で追加された3レベルの連続ミッション「New Frontiers」
全部で7つのミッションで構成されているんですが
連続物の新ミッションという事でミッションの文章を翻訳してみました。
ネタバレになるので、続きからどうぞ。
ミッション内容にも一部触れてます。

ちなみに、私はパッシブシールド仕様の Drake で挑戦しています。
なので難易度等はそれを踏まえて把握してください。
New Frontiers - Raw Materials (1 of 7)

著名な Lamia Calus 博士はナノマシン研究の権威だ。彼女は47ユニットの Green Arisite を調査のため必要としている。もしお前がこのミネラルを入手できるのなら、十分な報酬を約束しよう。この希少な物質が得られるであろう採掘地点の座標は入手済みだ。
Green Arisite は Gneiss と同類で、low-sec で見つかることの多い希少な物質だ。付近では海賊や傭兵どもを見かけることも多い。防御装備の無い採掘船で向かわない方がいい。

というわけで、Mercenary 系の敵がわんさか出てきます。
何回かに分けてトータル30機以上。
とはいえ、ブロッケードや10連ミッションを Drake で乗り越えてきたので、
恐くなくなってきてますね。
逃げ撃ちする必要もなくワープアウト後留まってミサイルぽちぽち撃って終わりでした。
でも思い返すとこの7連ミッションの中では一番ダメージを受けたミッションかも。
最高で5割ほどシールドが削れました。
属性が合ってなかったのかも?

ここでは Gneiss も掘れるとあって、
敵を掃除した後に喜んで Hulk で向かったんですが小さくて大した量は掘れませんでした。。

New Frontiers - Mad Scientist (2 of 7)

Lamia Calus 博士のかつての師は著名な粒子物理学者であり人工知能の専門家である Kajurei Delainen 教授であった。何年も昔の事ではあるが、Delainen は失踪した。彼は期日までに研究所に報告をするはずであったが、全く現れていない。住居はもぬけの殻で、預金も全て引き出されて口座解約されていた。犯罪行為によるものと見られる証拠は今のところ見つかってはいない。
ともあれ、実は彼は生きており・・・そして正にこの星系に居るという事が明白となった! Calus 博士は研究における正念場にさしかかっており、Delainen はかつて量子粒子物理学と人工知能の双方で銀河における第一人者だった。彼は誰もが認識する以上にその二つの分野が緊密に関連していると主張していた。彼の専門的知識は我々の現在の研究においてとても価値あるものとなるだろう。
お前の任務は彼を連れ帰ることだ。だが彼が喜んで来る可能性は極めて薄い。有無を言わさず連れてこい。

ナノマシン系や人工知能といった話題が出ている事からも予想できる通り、ドローンが登場。
2層あり、2層目にはエネルギーニューラライザが居るのでCAP吸われます。
とはいえ、うちはパッシブシールド仕様かつミサイルなのでCAP消費が無く、
CAPが0でも何の問題もないので無視OK。
ミサイルぽちぽち撃って終わり。

New Frontiers - Toward a Solution (3 of 7)

Calus 博士の同僚がプロジェクトのために収集した独自の機械工学に関するデータコアを取ってきて欲しい。すぐ近くなので出来る限り速やかに持ち帰ってくれ。もちろん通常通り報酬は支払う。

上にも書かれている通り、すぐ近く
・・・同じ星系内です
ガキの使いじゃないんだからと言いたくなりつつも我慢して配達(^^;

New Frontiers - The Unveiling (4 of 7)

どうにかして Delainen を Calus の研究に引きずり込んだ。彼らは Delainen 教授がプログラムしたナノマシンをバトルクルーザーのシステムに投入したが、ナノマシンはすぐさま誤動作を引き起こし始めた。10分もたたずに、ナノマシンは船の構成を何か…別の物に変えた。そしてステーションの隔壁を突き破り、宇宙へと飛び立った。研究所にいた者は Calus を含め全員死亡だ。
ナノマシンはどうにかして自分たちを作り上げた Delainen を船と融合させ、船を異様な生体力学的共生体へと作り上げたと我々は考えている。だが我々は何が起こったのかを確実に知る必要がある。そしてこの――ええと、何というか、この Delainen-ROM 共生体――が我々に答えをもたらす唯一の存在なのだ。
我々は追尾し、まだこの星系に居ることを把握している。そこへ向かい、共生体と対決して欲しい。座標は君の NeoCom に送っておいた。必ず破壊し、残骸を調べて中央AIコアを見つけるように。更なる研究のため持ち帰ってくれ。

今回もドローンばかり。

New Frontiers - An Unexpected Twist (5 of 7)

Delainen は恐らく、以前の住居近くのローグ・ドローンコロニーとある種結びついている。だが、これは更に悪い話しだが、今なおドローンとお前が持ち帰ったAIとの間では亜空間通信による交信が継続されている。AIのインテリジェンスコアの大部分は確かに死んではいないのだ。
ドローン達は何度か移動しているが、どういうわけかいまだ近くに居る。XXXXX 星系に赴き、ローグ・ドローンコロニーを一掃しろ。hive mind CPU や construction center は巣の中央にある。これがお前のターゲットだ。
ドローン達は極めて高度であり、構築に十分な時間をかけている。お前は何らかの手助けを望むかもしれない。全てを破壊し、hive mind CPU を回収して持ち帰ってきてくれ。

はい、今回もドローンてんこ盛りです。
そしてCAP命な船には鬼門とも言うべき
エネルギーニューラライザ × 5
です。
もう速攻でCAPが空っぽになりました。(元からCAPの回復量無いも同然な船ですが)
電力が必要な船だとBSでも厳しいとのことです。
ですがうちの場合は上でも書いたように電力消費が一切無いので、
特に危険なこともないミッションでした。
ダメージもシールド2割削れたくらいでしょうか。
ニューラライザ攻撃もドローンPOPのトリガになっているようで嫌らしいですね。

New Frontiers - Nanite Express (6 of 7)

Calus 博士は Delainen-ROM 共生体のAIコアおよびお前が持ち帰ったCPUの研究は終えている。それは我々にとっていまだかつて見たこともないものだ。人間の思考パターン、原子レベルのナノマシン、そして絶えず進化する神経系ネットワークの奇妙な結合だ。そして悪い冗談を止めようとはしない!だがそのナノマシンが解き放たれてしまえば、奴らは容易に近隣の船に接触し、自分自身を再構成することが出来るだろう。我々はその様な事態が再び起こるような危険を冒すことは出来ない。
だが破壊するには惜しい事も確かだ。我々は一時的な冷凍保管用に特別な極低温コンテナを用意した。長期的な極低温貯蔵のための適当な施設のある最寄りのステーションは XXXXXXX だ。このコンテナを持って保管のためそこへ行って欲しい。

配達ミッションです。
で、訳しててアレ?と思ったのが
ナノマシン脱走時に巻き添えで死んだはずの Calus 博士が出てきています。
英語力無いんでどこか訳し間違えたのかも。。

New Frontiers - Ascendance (7 of 7)

お前のカーゴに付着していた緑色の粘着物は我々が最初に気付いた時の物より遙かに危険だ。一部のナノマシン――もしかすると、まさにお前のカーゴにあった物――は、 ほんの数分前にハンガーから飛び立った Solar Cinder と呼ばれる戦艦にどうにかしてたどり着いた。だがこれは戦艦だ。人間的なAIと・・・そして自己複製可能な制御不能の戦艦だ!
出て行って破壊してきてくれ!軍隊は間もなく到着するが、相手が逃亡する前に着くことはないだろう。
これは容易ではない。船は重武装しており、共生体のドローンテクノロジーは極めて高度だ。しかも、奴は自分自身を回復する事が可能だと思われる。お前は何らかの支援を必要とするかもしれない。

またドローン山盛り
もう飽きました。。。
2層ありますが、あまり削られる事無く、ミサイル撃って終了。

という感想がえらい適当で参考にならないですが、
ストーリーを何となく判ってもらえたら幸いです。
敵の構成等々詳しい参考になる情報は wikiのこちら をどうぞ(^^;

追伸
ドローン多すぎで飽きたという心の声を神様は聞いていてくれたのか、
7連クリア後にエージェントに会いに行ったら
また7連をくれやがりました(#^ω^)


コメント

  1. null | URL | hE4kmW4M

    うーむいつもエージェントの話なんかぜんぜん聞いてない(てかわからないw)けど、けっこうおもろい話があるんすねえ
    めっさ危険なのにそれすら惜しくて保存しようとするなんてもう人間の欲望ってやつは
    そしてきっとお約束どおりますます手におえないものとなって第二のローグドロン化のコンボが見えるw

  2. Aitealeeso | URL | qbIq4rIg

    >nullさん
    私も普段は全然読んでないです(^^;
    新ミッション&連続物という事で
    面白い話しでも聞けるかなと訳してみました。
    で、気になるのは自分の船に付いていた緑色の付着物・・・
    そのうち触手がうにょうにょと生えてきたら嫌すぎですねw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tram.blog48.fc2.com/tb.php/269-5e90985e
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。