スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[EVE] 研究職のバイトに就く

2008年01月12日 21:11

Zetland よりも遙かに頭が良くて記憶力もある Kei Galway ですが
それを生かした仕事という事で以前から気になっていた
R&D部門での研究(Research)の職を探してみました。

エージェント探しには Agent Finder が便利です。
ここで祖国カルダリに所在する企業のR&D部門に所属するエージェントを眺めてみると、
73名存在し、そのうち Lai Dai Corporation 所属が 30 名、
Ishukone Corporation 所属が 29 名で、
この2企業に大半のエージェントが所属するようですね。
というわけで、なんとなくで決めた Lai Dai Corporation への就職活動開始です。
ま、要はスタンディング上げなわけですが。
戦闘は全くもって苦手なので生産部門で輸送の仕事を請け負いながら
徐々に顔を売っていきつつ、肝心の研究のための勉強も進めます。
どうせなら花形の(と勝手に決めつけた) Caldari Starship Engineering を学ぼうとしたら、
スキル本が10M近くしました…。さすが花形部門(他は知らないけど)。

そんなこんなで Caldari Starship Engineering もレベル3まで上げ、
このたび Inaro VII - Moon 4 - Lai Dai Corporation Factory 所属のエージェントと
晴れて Caldari Starship Engineering に関する研究の契約を結ぶに至りました。
R&D部門エージェント
どうも通常のミッションと違って在宅勤務OKなんですね。
一度契約すると何もしなくても毎日RPが貰えます。
で、一日に一回程度、メールで仕事の依頼が来て、
それをクリアすると更に1日分のRPが貰えるとのこと。
まだ契約したばかりで来てないんですけどね。

ちなみに幾ら契約を結んでも、依頼された仕事をこなしても
スタンディングは変わらないとの事。
どうもスタンディングは別部門で輸送なり戦闘なりのミッションこなして
上げないといけないようです。
また、Research Project Manag というスキルを学ぶと、
同時に複数のエージェントと契約を結べるとのこと。
こりゃ学ぶしかないでしょと思ったら、
さすがにお高く40Mして手が出ませんでした。。。

追伸
一方、Raven に乗るための勉強を誓った Zetland ですが、
それ以前に Perception や Willpower といった操船技術に必要な
能力の研鑽が疎かになっていたことが判明。
操船以前に能力アップのお勉強を続けるのでした。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tram.blog48.fc2.com/tb.php/273-330258a5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。