スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[EVE] 危険地域を通るために その2

2008年01月25日 17:59

前回に引き続き Transport Ship で危険地域を通るための対策ですが、
EVE の Forum 等を眺めると軽輸送船(カルダリのCraneなど)のフィッティング例としては、例えば以下のようになるようです。

High
  - Improved Cloaking Device II
Med
  - 1MN MicroWarpdrive I
Low
  - Interia Stabilizers II x 2
Rig
  - Low Friction Nozzle Joints I x 2

Cloaking Device と MWD はどのフィッティングでもデフォルトで使われている模様。
これは重輸送船(カルダリのBustardなど)でも同様みたい。
で、Low と Rig で船の Agility (機敏性)を上げています。
Med はまだ3スロット余ってるので、そこは各自自由にといったところなのでしょうか。

EFT で実際にこのフィッティングを試してみると以下のようになりました。
(能力についてはスキルが全てレベル5の場合です)
フィッティング例
そして、移動の流れとしては
・スターゲートからジャンプ
  → ジャンプ直後はクローク状態
・次のスターゲートの方向をダブルクリック
  → ゲートに向けて旋回を始める。これでクロークが解除され、オーバービューに表示。
・すばやく MWD 起動
  → ワープスピードの確保
・すばやく Cloaking Device 起動
  → クローク状態へ移行しターゲットされなくなる。ただしこのままだとスピードは徐々に低下する。
・Cloaking Device 停止
  → OPS では無いのでクロークのままではワープできないため。
・すばやく目的のスターゲートへ 0 km ワープ
  → MWD による加速が活きているので、クローク解除後すぐさまワープ。

ゲートキャンプ中の海賊にタゲらせる暇を与えないって事ですかね。
とまぁ、こんな流れで目的地までジャンプしていくようです。
ゲートにバブルが貼られていたり、
超高速仕様の Interceptor に突っ込まれるとやばそうですが、
危険度を最小限に減らすという意味で有用なのでしょう。
Align Time が 3.2 s (理想値ですけど)なのでクロークしなくても、
ワープ移行まで十分に早そうですね。

というわけで前置き?が長くなりましたがこのフィットを実現するためには
どんだけ勉強必要なのか EVEMon で確認するとトータル23日ほど。
Caldari Industrial V が効いてますね(^^;
日数のうち、Transport Ship に乗るための日数が20日弱と大半を占めてます。。
Alt からは金をむしり取ってばかりだったけど、
多少はご褒美(インプラント)をあげておこうかと思う今日この頃です。


コメント

  1. まりも | URL | SSw/9lGM

    ふ。Bustard乗るのに、63日だぜー!
    そりゃ始めたばかりのヒヨッコですからね・・・><
    ほかにも先にあげたいスキルがあるし、早くて100日後とか??

  2. Aitealeeso | URL | qbIq4rIg

    >まりもさん
    ラーニング系スキル重要っすよ~。
    下位4レベル、上位3レベルくらいあげておくといい感じです。
    あとインプラントもね!
    とはいえラーニング上げだけだと飽きてくるんだけどねw

  3. Folgorn | URL | a.FsQ20E

    おいらの愛用船はまさにCraneデス
    EFTで設定してみるとAlign Time 5.3secですが、未だに通常の手動ジャンプで捕まったことないっす。

  4. Aitealeeso | URL | qbIq4rIg

    >Folgorn さん
    なるほど
    Agility を上げるフィットだけでもかなり行けるんですね~
    それにしても軽トラポのフットワークの軽さは凄いです
    早く乗りたいなぁ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tram.blog48.fc2.com/tb.php/278-e752bae8
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。