スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニキシー管時計用ケース製作 図面編

2009年07月12日 18:02

先日ニキシー管時計キットを購入し、
初めてはんだ付けに挑戦してみたわけですが、
前回記事をご覧の通り、基板むき出しな訳です。

それはそれで味があるんだけど、ちょっと寂しいなぁと。
だったらケースをオーダーメードで作っちゃえと。
どうせならアルミ削りだしの一品物ケースにしたいねと。

もちろん私にはそんな工作能力は皆無ですので
アルミプラスさん(http://www.al-plus.jp/index.html)に製作を依頼する予定。

とはいえさすがに図面が無いと依頼のしようがないんで、
図面作成に初挑戦です。
作図のルールも一切判らないんでネット上の図面を見ながらなんとなく学習w

んで、出来上がったのがこちら
nixie_ar.png
このAパーツがケースの本体で、Bパーツが基板用です。
nixie_br.png
Bパーツにニキシー時計の基板をネジ止めして、BパーツをAパーツに差し込む感じ。
ただ、図面を書いてはみたものの、ほんとにこれでうまくパーツがはまるのか自信なしですw
第一、こーゆー場合のスタンダードな構成とか知らんしw
フルオーダーで作ったのに寸法的に合わなかったとかなったら…怖いですね
ブログのネタにはなるかもしれないけどw


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tram.blog48.fc2.com/tb.php/446-e5d23d87
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。