スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[EVE] Caldari Epic Arc 10 - Almost Unmasked

2009年09月07日 22:20

前段のミッション Caldari Epic Arc 8 - Re-examining Options の続きです。

今回も8話から10話へと1個飛んでますが、8話と9話はセットですので詳しくは8話を読んで下さい。
この10話は8話の分岐で「Playing it Safer」を選んだ場合の流れとなります。
ということで10話目『Almost Unmasked』
今回もネタバレになるんで、興味がある方だけ[続きを読む]からどーぞ
Almost Unmasked

Katsen Ishaおぉ、戻ってきたな { your name}
Syndicate までの旅で燃え尽きない事を願ってたよ。別件にもすぐに取り組んでもらいたいからね。やらなきゃ行けない事が出てきたんだ。

部下言うには Hyasyoda は既にブループリント泥棒の犯人捜しに乗り出したらしい。更に悪い事に、資金はかなり潤沢のようだ。その量には当惑させられる──傭兵艦隊や調査員全体に加え、カプセラー達を雇うに十分なほどらしい。危険な状況だぞ { your name }。我々の痕跡はしっかりと隠してあるが、Hyasyoda の奴らがよく言うように、病的なまでの心配性だけが生き残る、だ。

彼らは保安部隊「Corporate Police Force」を『気になる所至る所に』展開した。私が知るところによると、Onirvura が調査区域としてリストアップされたようだ。彼らはそこに尋問および収監用の仮設本部を設置中だ。幸いな事に、CPF は設置期間中は施設警備のため傭兵を雇った。つまり Hyasyoda 職員と直接対決せずに攻撃する機会を得たというわけだ。選択の余地はない。

傭兵達の任務はいつまでなのか保証する事は出来ないが、君がその場へ行ったとしても刺激する事にはならないだろう。もし君が物流センターを素早く破壊出来れば、復旧には数週間かかる。調査を再開するまでには、我々へと続く痕跡は確実に薄まっているはずだ。
といった内容なんですが、戦闘ミッションが始まると思いきやミッションの目標は Hyasyoda 側の Agent に会いに行く事です。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tram.blog48.fc2.com/tb.php/461-8e89c6da
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。