スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Optimusをいじってみる

2006年11月25日 23:56

というわけで、かなり放置していたOptimus Mini Threeキーボードをいじってみました。
開発元のArt.lebedevがプログラムから制御できるようにDLLを提供しているので、
自作アプリからキーボードを制御することが出来ます。
というわけで、簡単なカレンダーと時計作りに挑戦。
ボタンに画像を表示させる仕組みは簡単で、
縦横96pixelのBitmap画像を生成して、
各pixelをRGBに分解して流し込んでやれば良い模様。
カレンダーや時計のデザインを考える方がよっぽど手間なくらいですねぃ
いかんせん画素数が少ないので、
ベクターフォントにアンチエイリアスかけた小さな文字を詰め込むと
ぼやけて視認性が悪くなるんですな。
なのでBitmapフォントを使うべと良さげなフォントをネットで漁ってたら、
フォント集めにはまって半日ぐらいかけてました(^^;
プログラミングよりもフォント集めの方が時間かかってるしw

というわけで、できあがったのがこれ↓
真ん中のボタンにはカレンダー、右のボタンには現在時刻の表示です(見りゃ判るか)
OptimusMiniThree_2.jpg
デジカメ画像自体がぼやけてて微妙ですが、
Bitmapフォント&アンチエイリアス無しだとくっきりしますねぃ。
ボタンに流し込むBitmapデータをファイルに吐き出してみたのがこっち
カレンダー と 時計
ちゃんと動的に画像を生成しておりますヨ。
このディスプレイの描画性能は 3 fps なんですが、
まぁ毎秒更新の時計だから問題ナシ。
よっぽど問題なのは、Optimusユーザーが少ないから
こんなん作っても、そもそも需要がない事ですねぃw

ちなみに、キーボード付属のコンフィグツールに組み込める
Plug-in開発キットも公開されているわけですが、
どうやら C++ で開発せにゃならんようで。。。
C#なら手が出せるんだけどなー(^^;


コメント

  1. Cue | URL | -

    WindowMaker の DockApp みたい
    http://ja.wikipedia.org/wiki/Window_Maker

    これを機会に C++ を…(笑

  2. Aitealeeso | URL | qbIq4rIg

    >Qさん
    をを 似てますね
    DockAppは64x64と更に小さいのに凝縮されてますね~
    >これを機会に C++ を…(笑
    なんちゃってプログラマなので C++ は壁が高いっすw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tram.blog48.fc2.com/tb.php/83-0ec544d7
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。