スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vanguard:KojanでMonkをやってみた

2007年01月08日 05:16

今度は東洋風なイメージのKojanエリアでHumanなMonkをプレイ。
んで、導入シナリオのストーリーが面白かったんで翻訳してみましたヨ。
Dwarfの時は全然凝ってなくていきなり放り出された感じだったんでちと新鮮でした。
というわけで、ネタバレになるので興味ある方だけ[Read More]からどーぞ。
Vanguard_monk01.jpg
主人公がとある島に降り立ったところから物語はスタートします。
どうも主人公はKojanを支配する帝國の軍人(士官)な設定みたい。
帝國軍はこの島の集落を襲撃しに来ている模様。
ちなみに今回は名前をアジアンなモンクっちゅう事で Wong Fei Hong にしてみましたw

Vanguard_monk02.jpg
このドラゴンに騎乗した強そうなお方が今回の襲撃の司令官らしぃ。
名前はMaster Rahlsu。

んで、このMaster Rahlsuに話しかける事により
最初のミッションが始まります。

Master Rahlsu 『我らが勢力に与すること嬉しく思うぞ、Officer Wong Fei Hongよ。お主の皇帝陛下への尽力は知っている。』

という事でミッション開始

ミッション:Shang Tresure

Master Rahlsu 『Shangはかなり裕福な民であるとの報告を受けている。この状況を矯正しようではないか。Shang集落の家々に立ち入り、Shangの財宝の詰まった箱を2つ持ち帰るのだ。価値ある物を我々が持ち帰れば陛下も喜ぶだろう。』

というわけで、Shangの財宝をかき集めて持ち帰るWong Fei Hong君。

Master Rahlsu 『おぉ、これは陛下もお喜びになる。よくやった、Officer Wong Fei Hongよ。』

いきなり財宝奪うという悪事を働く主人公(^^;

ミッション:Soldier Morale

Master Rahlsu 『Officer Wong Fei Hongよ、兵士達のモラールが低下しておる。この集落の壊滅は、陛下にとって重要事項だ。浜にいる兵達と話し、お前の命令に従わない場合はどの様になるのか知らしめよ。』

というわけで、浜辺にいるCowardly Imperial Soldierに話しかけるWong Fei Hong君。

Cowardly Imperial Soldier 『サー! ここには女子供しか居りません。我々はここで何をすれば良いのでしょうか。』
Wong Fei Hong 『お前に対する指令は明快だ。』
Cowardly Imperial Soldier 『ですがサー! 彼らには我々に対してもそして皇帝陛下に対しても危害を加える意志はありません!』
Wong Fei Hong 『よくもそのようなことを! 陛下の御意志など自分には関係ないと申すか!』
Cowardly Imperial Soldier 『イエッサー!』

そして、前線へと走りゆく兵士
モラール向上成功?という事でMaster Rahlsuへ報告します。

Master Rahlsu 『儂は常にお前を信頼しているぞ、Officer Wong Fei Hongよ。この集落もじきに消え去るだろう。そしてMaster Fhungusuも終わりだ!』

ミッション:Lead by Example

Master Rahlsu 『よくやっている、Officer Wong Fei Hongよ。兵士達もお前を尊敬している。お前が恥ずべき事をしているなどと思われて敬意を失うようなことをしてはならん。部下に範を示せ。集落に立ち入り、村民を6名殺害してこい。』

そして罪もない村民6名を手にかけたWong Fei Hong。。。
女でも容赦なく切り捨ててます。いいのかこれでw

Master Rahlsu 『よくやった、Officer Wong Fei Hongよ。この襲撃は、我々階級に対する忠誠の欠如の結果である。だがお前は強い意志を示した。弱きに屈してはならぬ。やつらは我々にとっては取るに足らない存在だ。』

主人公、完全に悪役ですねw
ミッション:Report to Officer Yu

Master Rahlsu 『前線にいるOfficer Yuから連絡があった。Officer YuはMaster Fhungusuの家の前に到着し、お前を待っている。集落の奥へと踏み込んで、次に何をすべきかOfficer Yuに確認せよ。儂を失望させるなよ、Officer Wong Fei Hongよ。Master Fhungusuを必ず殺すのだ。』

と言うことで村のメインストリートを抜けた先にいるImperial Officer Yuに話しかけます。
Vanguard_monk03.jpg

Imperial Officer Yu 『私は陛下の道具だ。Officer Wong Fei Hong! 我々はMaster Fhungusu邸の襲撃を開始したぞ。あのモンク達にレッスンしてやらねばな。貴殿の働きは高く評価されている、Officer Wong Fei Hong。』

ミッション:The Monks of Shang Village

Imperial Officer Yu 『モンクどもは抵抗の意志を何も示していない。我々が横を通り抜けても、奴らが何も反応しないだろう事は明白だ。ともあれ、見せしめにせねばならん。陛下への反逆は許されるべきものではない。奴らを4人殺し、最終攻撃のために私に報告してくれ。』

Master Fhungusu邸の周囲にはMonkがたくさん。
どうもMaster Fhungusuは老師な感じ?
んでMonk達がその弟子なのかな。
例によって容赦なくMonkを4人殺しますw

Imperial Officer Yu 『素晴らしい、Officer Wong Fei Hong。我々の襲撃の完遂も間近だ。次にすべきことは何か判っているだろうな、Officer Wong Fei Hong。』

というわけでMaster Fhungusu邸突入なわけです。
Vanguard_monk04.jpg
ミッション:Master Fhungusu

Imperial Officer Yu 『時は来た、Officer Wong Fei Hong。最終目的であるMaster Fhungusu襲撃の時だ。我々の正面にある家に奴は居る。正に不足のない相手だ。家に押し入って対決せよ。皇帝陛下の名の下に奴を消すのだ!』

Master Fhungusu邸に押し入ってもMonk達が全く襲いかかっては来ません。
無抵抗な感じ。
Vanguard_monk05.jpg
なのでサックリとMaster Fhungusuの元へと到達。

Master Fhungusu 『お主を待っておったよ、Wong Fei Hong。』
Wong Fei Hong 『私はお前を殺しにここへ来たのだ、Master Fhungusu。』
Master Fhungusu 『知っておるさ、Wong Fei Hong。がっかりさせるかもしれんが、今日、お主は儂を殺しはせぬだろうよ。』
Wong Fei Hong 『馬鹿なことを。俺を誰だと思っている?』
Master Fhungusu 『お主が何者かはしっとるよ、Wong Fei Hong。思慮無くただ命令に従い、無辜の民を殺すお前さんをな。その様なことはそろそろ止めるときじゃ。
Wong Fei Hong 『私は陛下の忠実なる僕だ。』
Master Fhungusu 『だが皇帝に対するお主の働きは多くの罪無き人々を死に追いやっているのだぞ。お主の目には罪が映っておる、それを感じはせぬか?』
Wong Fei Hong 『今更後には引けはしないさ、Master Fhungusu。』
Master Fhungusu 『この欺瞞に満ちた人生に終わりを告げるべきだとお主も判っておろう。お主の変化の時は来た。生まれ変わるのじゃ。』
Wong Fei Hong 『お前の目論見は何だ、Master Fhungusu?』
Master Fhungusu 『お主の手から血を拭い去ろう。そして新しい人生とJinへの道が今始まるのじゃ。』

かなり強引というか主人公の意志お構いなく見知らぬ場所へワープさせられますw
鎧も武器も身ぐるみ剥がされて生まれ変わった?主人公はMonkとして【Jin】の道へと進むわけですな。【Jin】は気とか功夫的な意味合いっぽいですね。ワープした先の村は【Jin】の師匠が居るようで主人公のMonkとしての本格的な修行がここから始まるってな感じです。


コメント

  1. Tilt | URL | nLnvUwLc

    ををを。ウチもそれやったですよ。PVPサーバで...
    途中で英語訳せず...挫折してますが(笑
    翻訳ソフト良いのがあったら紹介してちょ♪

  2. Aitealeeso | URL | qbIq4rIg

    >Tiltさん
    大昔は翻訳ソフトを英文の下訳に使ったりしたことあったですが、
    今はもっぱら英辞郎(http://www.eijiro.jp/e/index.htm)ですな。
    無料のオンライン版(http://www.alc.co.jp/index.html)もありますよん。
    ・・・とはいえ、大抵のミッションは殆ど読んでませんけども(^^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tram.blog48.fc2.com/tb.php/94-a045a36d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。